たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

2006年06月11日

奥多摩ツアーズ

今日は奥多摩へウォーキング。
バスの本数が限られてるので、
早起きしてレッツゴー!!







の予定だったんですが、あいにくの雨。

少しくらいなら構わないんですが、この降りようではカメラが使えませんねえ…。雨粒が映り混んじゃいます(*_*)

雨に濡れる草花も梅雨らしくて好きなんですが、今回の目的は晴れた日の爽やかな写真。せめて曇りならなんとかなりますが、この雨は困ります。夕方まで降り続くみたいですねえ。

というわけで、途中の立川まで行って折り返してきました。

今日の戦利品は、こちらのパンフのみ。  


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 09:46Comments(2)散歩

    2006年06月05日

    ムササビの山


    昨日は朝から高尾山に行ってきました。少し気温が低かったですが、それでも登山客がいっぱい!高尾山は599mという低山なのに、1600種類もの植物(←イギリス一国分とほぼ同じ)、100種類もの野鳥、4000種類の昆虫が生きているという、多様性が魅力の山です。ムササビやオオタカなど、都会では目にすることができない動物たちにも出会えます。

    多摩で生まれ育ったこぐまにとっては、高尾山は最も身近な山のひとつ。都内だけでなく、首都圏一帯から学校の遠足コースとしても親しまれています。

    ここが本当に東京!?と疑いたくなるほどのどかな高尾に、いま開発の波が。霊山として古くから敬われてきたこの山のお腹に、高速道路を通すためのトンネルを掘ろうなんていう計画があるんです。

    これだけ多様な生態系に恵まれていて、国定公園にも指定されている高尾山に穴を空けるなんて。人間が便利な生活を手に入れるために、こんなに魅力的な山を犠牲にしていいのかな―?

    山はただの土の固まりじゃありません。豊かな植物を育み、動物たちの営みを支える土壌を作るには、豊富な水が必要。山のお腹に穴なんて空けちゃったら、水脈が分断されちゃう。そうなれば、当然だけど川が枯れ、植物は朽ち果て、動物たちは棲みかを失います。すでに、その兆候はお隣の八王子城山で現れてきています。

    都会の暮らしにくたびれた人たちにとっての、かけがえのない癒しスポットが、そんな「死の山」みたくなっちゃったら、それこそ一大事。

    そんなことになって欲しくないから、こぐまはときどき高尾山に足を運んで、どうにかして山を守ることはできないかな?って、イベントに遊びに来てくれた人に呼び掛けたり、地元の方のお話を聞いたりしています。

    ちなみに高尾山に穴を空けてまで通そうとしてるのは、「圏央道」と呼ばれている高速道路。千葉―茨城―埼玉―多摩―神奈川と、東京都心部から半径50キロも離れたエリアに環状線を描き、最後は横浜市内にまで達する計画だそうです。

    確かに、埼玉の人が横浜に行くとか、その逆とかの場合には、今と比べて便利になりそうですね。だけどそれって、山と動植物、それもブナやムササビを殺してでも、どうしても作らないといけないものなのかな?

    高尾山の豊かな自然を前に、改めて考えさせられました。  


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 09:16Comments(0)散歩

    2006年05月12日

    チャリ通

    約半年ぶりくらいに自転車に乗りました。ゴールデンウィーク中に実家から自転車を運んできたものの、ずっと体調が悪かったので乗れなかったんですが、ようやく初チャリ通(通勤)です。

    今日は天気もよかったし、自転車きもち〜!!ただ、駅の駐輪場が激混みで、駐輪するのに5分以上…。せっかく時間短縮になると思ってチャリ通したのに、これじゃいつもとあんまり変わりません(T_T)

    これから、また駐輪場から自転車を引っ張りだして帰ります。

    体調悪くて仕事がはかどらなかった分もあるので、明日も少しだけ会社に行こうかと思ってます。近くまで来る用事があるので、ちょっと寄るだけですけどね。机の上が散乱してるので、片付けたい…(苦笑)  


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 22:24Comments(0)散歩