たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

2010年04月19日

報国の心を忘るる…(土方歳三の手紙)小野路・小島資料館

こんばんワイン、こぐまです。

昨日は、町田市・小野路にある、小島資料館に行ってきました。
こちらは、小野路村の名主さんのお宅だったところで、
特に幕末期に当主を務めた小島鹿之助さんは、天然理心流を取り入れ、
村の人々に剣術を学ばせようと、近藤勇などに出稽古を依頼するなど、
新選組と関わりの深い人物で、日野の佐藤彦五郎と並ぶ良きサポーターでした。

資料館の中には、近藤勇が稽古の際に使ったとされるドクロ柄の胴着や、
京都から送られてきたとされる土方や沖田からの手紙など、
新選組好きなら大興奮のものがたくさん!

土方歳三資料館や日野宿本陣(佐藤彦五郎邸)と比べると、交通の便が悪い為か、
来館者は「ファン」というより「研究家」と呼ぶ方が相応しい方々がほとんど。
こぐまはどっちなんでしょう…研究家というほどの知識はないか…(^_^;)

所蔵されている書物に心を奪われるも、販売されているわけじゃないので、
持ち帰れた(購入した)のは「小島日記物語」と写真1枚目の土方歳三の句。

土方は「豊玉」という名で俳句をいくつも詠んでいて、本当は辞世の句、
たとひ身は、蝦夷の島根に朽ちるとも、魂は東の君や守らむ
が好きなんですが、こちらで販売されていたのは「報国の心を忘るる婦人かな」
…歳三さん、遠戚にあたり、兄と慕っていた小島鹿之助さんに宛てた手紙で、
自慢気に「女性にもてちゃって困るな〜」ってことを書いてたそうです(笑)

う〜ん…、部屋に飾るかどうか悩む句です(´Д`)


「報国の心を忘るる○○○かな」
はい、これお題にして、好きな言葉を入れて下さい。
文字数は問いませんので、笑えるやつや、う〜んとうなるの、お願いします。

(例)
報国の心を忘るるチョコレートかな


………(;´д`)

どなたか、センスあるのをお願いしますっm(__)m



ちなみに、「土方」と「土`方」という2つの表記が混在していたので、
あえて館長(鹿之助さんの子孫)さんに質問してみました。

やはり、深い意味はないらしく、書き手の癖だろうとのこと。
戸籍を登録する際に、「`」を付けた家系と、そうでない家系があり、
今は2種類の表記が存在していますが、やはり元は同じ一族だそう。
うちの母方の家系(土`方)は、「`」を付ける癖の人がいたんですね〜。


  


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 21:48Comments(0)新選組

    2010年01月14日

    土方歳三最期の一日を発見!BOOK OFF吉祥寺店

    おはよーグルト、こぐまです。

    新選組ネタ、土方ネタが続きます。
    ずっと探してたDVD、吉祥寺のBOOK OFFで見つけました!

    「新選組!!土方歳三最期の一日」

    大河ドラマで放送されていた「新選組!」の番外編として描かれた番外編。
    本編では、局長の近藤勇が板橋で官軍に処刑されるところで終わりでしたが、
    土方ファンを中心に、箱館戦争まで続編を…という声が多く、
    異例の特別編として作られた作品です。
    当時、高幡不動の幕末めし処池田屋さんで、続編放送嘆願書に署名したのを覚えています。
    (池田屋さん、今は「幕末茶屋 池田屋」として高幡不動詣りの休憩所になっています)


    年末に部屋を片付けてて、読み終えた本を10冊くらい持って、
    BOOK・OFFに買い取りをお願いしたついでに、DVD販売コーナーに行ったら、
    今までなかったのに、ポツンと1点だけあった!

    「士道とは、死ぬことと見つけたり」とばかりに、
    自分らしい死に場所、先に死んで行った仲間たちに恥じない死に方を求め、
    会津、仙台、箱館(函館)と転戦した土方歳三の最期までが描かれています。
    最期まで武士であり、「喧嘩士」だった土方、
    でも隊士たちへの気遣いも忘れない、偉大な人だったのだと思います。




    ちなみに、引き続き「新選組完全版」のDVDセットを探してまーす。
    バラではときどき目にするんですが、セットがいい…。
    もし見かけた方がいらしたら、情報下さ〜い!
    ※予算の都合上、なるべく中古で…(笑)
      大掃除でリサイクルショップに売りに行った人がいるのでは…と、期待してるんですが、
      さすがにこういうのは、もともと特別な思い入れがある人たちが買うだろうから、難しいかなぁ…。


    ・たまりばアンケート「大掃除などで出た不用品…あなたならどうしますか?」


      


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 10:00Comments(0)新選組

    2009年11月20日

    会津藩御預り新選組だ!御用改めである!手向かいする者は…

    こんばんワイン、こぐまです。

    今日は夕方から若旦那さんと一緒に新宿御苑前にある
    広告代理店さんで打ち合わせをした後、
    某有名ポータルサイトの営業さんと合流して食事をしてきました。

    メンバー構成からするとお仕事日記に載せる内容かなとも思ったんですが、
    いろいろと話をしてるうちに、参加者みんなのご先祖様の話題に。

    誰が誰べぇの子孫だかは書きませんが、この写真に写ってる皆さん、
    ・渋沢栄一
    ・鎌倉幕府の御家人・三浦氏
    ・新選組三番隊隊長・斎藤一
    の末裔の方々です。
    (僕は前にも触れた通り、新選組副長・土方歳三の一族のようです→過去記事)

    時代ごちゃ混ぜですが、歴史が大好物なこぐまにとって、
    これは…「何よりの馳走です」♪

    ん〜、やっぱりチョコレートとペンギンと日本史は萌え…燃えるなぁ〜


      


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 00:32Comments(4)新選組