たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

2009年11月30日

ポケモン・ピカチュウのクリスマスイルミネーション♪

おはヨーグルト、こぐまです。

昨夜、雨が降りだす前に、近所まで買い出しに。
普通に歩いたら5分くらいのとこにあるサンドラッグなんですが、
せっかくだからトレーニングウェアに着替えジョギングしながら向かうことに。

毎年これくらいの時期になんと、キラキラと輝きを放つご家庭が何軒か。
それも楽しみだったので、あえて遠回りしながら走ってみたら、
見つけました!ポケモン・ピカチュウの飾り(*´∇`*)
思わず近づいて写真撮らせてもらっちゃいました(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
12/12(土)に吉ろぐラリーin吉祥寺クリスマス開催します。
引き続き参加者募集中ですので、ご興味ある方は、ぜひ参加を!  


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 09:12Comments(8)散歩・散策/多摩

    2009年11月25日

    町田バラ園、りす園、薬師池公園( 町田市野津田町)

    こんばんワイン、こぐまです。

    多摩あるき町田あるき編も、とりあえず今回で最終話。
    2日目の後半は小野路から野津田へ。

    「バラ園」で儚げに咲く数輪のバラを観賞し…たはずなんですが、写真なし(汗)
    全部デジカメで撮ってたみたいです…。
    ブログは携帯からなので、写真アップは鳥山りぃだぁにお任せして…、
    次いってみよぉー!

    お次は「りす園」。
    リスやウサギと戯れられます。
    井の頭の動物園のリスと遊んで以来、久しぶりにリスと遊びました♪

    そして最後はりす園のすぐお隣り、「薬師池公園」。
    薬師池という池をぐるりと囲うかたちに広がる公園で、紅葉がきれいでした♪

    が…、こちらも写真はデジカメに…(´・ω・`)
    りぃだぁ頼みますm(__)m

    薬師池の由来を調べてみたら、戦国時代に相模・武蔵などを支配していた
    北条一門の北条氏照(八王子城主)の指示で水田用地として作られたそう。
    今の池は、泥で埋まってしまって渇水状態になった池を、
    江戸時代に改めて堀り直したものだそうです。

    園内には茅葺き屋根の古民家が保存されていて、
    ちょうどこの日は虫食いから建物を守るために煙がもくもく…燻されてました。
    おかげで体全体が清められ…帰りの車内が大変なことに…。
    全員煙たい(笑)


    前の晩から鳥太郎と遊びまくったせいか、帰宅後は、まさにバタンキュウ…
    ちびっこのエネルギーって、すげぇ。。。  


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 23:32Comments(6)公園/多摩

    2009年11月24日

    小島資料館と小野神社( 町田市小野路町)

    こんばんワイン、こぐまです。

    昨日アップした茂吉合宿に引き続いて、2日目は町田方面へ遠征。
    生まれてこのかた、一度も(住まいは)多摩を離れたことがないんですが、
    実は町田市とはご縁がなく…数年前から気になってたとこに、
    ようやく行くことができました(^^)



    町田っていっても広いですが、別に町田駅に行ってみたかったんじゃなく…
    「小野路(おのじ)」。
    たぶん、地元の方以外には、ちんぷんかんぷんな地名でしょう…(汗)

    ここに、あにがあるかっつうと…、「小島資料館」。
    幕末から明治へと変わる動乱の時代に、日野宿の佐藤彦五郎さんとともに、
    よき理解者、支援者として新選組を支え、幕府瓦解後は名誉回復に努めた、
    名主の小島鹿之助さんという方のご子孫が運営している歴史資料館です。
    地図はこちら

    以前、ライターの仕事で新選組ゆかりの地をめぐる企画を書いていた頃に、
    もちろん取材地候補には上がっていたんですが、
    開館日が限られていることもあって、ついに連載中にお邪魔することが叶わず、
    ようやく足を運ぶことができました。

    とはいえ、この日も残念ながら休館日。
    鹿之助さん、またいずれ!



    続いて、すぐ近所にある小野神社へ。
    地図はこちら


    小野路は、武蔵国府があった府中と鎌倉を結ぶ「鎌倉街道」があった地。
    今でも、神奈川へ向けて南北に走る道に鎌倉街道の名が残されています。


    神社の脇に回りこんでみたら、柱に…セミの抜け殻。
    えっと・・・もう11月下旬だよなぁ。。。


    紅葉に見とれながら、ふとお社に目をやると…
    光っちゃっててわかりにくいかもしれませんが、竜の上に見慣れた印が…

    そう!左三つ巴!!

    確か、小島さんちと土方さんちは、縁戚だったはずなので、もしかしたら、
    同じ左三つ巴の家紋を持つ方が、この辺りにいたのかもしれませんね。


    ここのところ、う〜ん、土方のばあちゃんが亡くなってからかなぁ。
    左三つ巴を拝む機会が今まで以上に増えてる気がします。

    「左三つ巴」の家紋と「誠」って字。
    見てると自然にパワーが湧いてくる…。
    僕にとっての御守りみたいなもんです。
    手を合わせてお祈りするっていうよりは、
    こんときみたく、はっとした瞬間に目に入ってきて、
    パワーをくれる…頼もしいお印。
    そんとき、そんときで、自分や周りの人にパワーが必要なことを、
    このお印は、きっと見抜いていて、パワーをくれる。
    本当に不思議な…スピリチュアルな世界のことはわかんないけど、
    とにかく力が湧いてくるし、自分ってもんを見つめ直させてくれる。

    血かね、やっぱり…。



    小野神社裏手の里山に続く小道。
    もしかしたら、これが旧鎌倉街道かな?
    国分寺にも、よく似た切り通しがあって、そこの風景と重なる・・・。

    このときは、まだ元気に駆けっこしていたちびっ子・鳥太郎。
    この元気、いつまで持つやら(笑)


      


  • Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 23:32Comments(0)歴史/多摩