たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

2011年06月11日

震災から3 ヶ月…あの日のこと。

こんばんは、こぐまです。

今日、6月11日で東日本大震災の発生から3ヶ月が経ちました。
今なお、避難所での生活を余儀なくされている方々も大変多くいらっしゃいます。
改めて、被災地の皆さんのご無事と復興をお祈り申し上げます。

この3ヶ月の間にも、本当にいろいろなことが起こりました。
3ヶ月経った今でも、あの日、慌てて飛び出したこの場所に立つと、
巨大地震が起きた数分間を思い出します。

あの瞬間、僕は他のスタッフ3人と一緒に会社(新宿御苑前)にいました。
揺れ始めこそ、まさかあそこまで大きな震災になるとは思いませんでしたが、
揺れ出して10秒後には「全員、外に出ろ!」という声を発していました。
号令とともに避難したのが、会社を出てすぐにある、この踊り場。

揺れはますます酷くなり、隣のビルは壁のコンクリートがはがれたり、
ガラスが割れる音までしています。
僕たちが立っている場所も、いよいよ立っていることさえ困難になり、
その場にしゃがみこみました。

2分ほどして、ようやく揺れが収まったので、状況把握と、余震に備えるため、
近所の一時避難場所まで全員で移動。
周辺のビルからも、次々に人が溢れ出てきます。

避難場所にいたのは30分くらい。
この間にも、強い余震が続きます。
地面が揺れるたびに、ビルが大きく右へ左へ震えるのがわかる、
倒壊とまではいかないものの、それは過去に見たことがない、異様な光景でした。

しばらくして落ち着いて、家族や大阪の本社と連絡をとろうとするものの、電話は一切繋がらず。
幸い、インターネットは繋がっていたため、ブログに無事を書き込み、
妻に状況を伝えることができました。

事務所に戻ると、予想していた通り、物が落ちたり、動いたり。
一番びっくりしたのは、業務用の重たいプリンターが、大きく移動していたこと。
僕を除く3名は、このプリンターのすぐそばで仕事をしていました。
避難するのが、あと少し遅かったらと思うと、ぞっとします。

本震の後も大きな余震があり、さすがにそのまま仕事ができる状況ではなかったので、
片づけをして帰宅することに…。

ところが電車は動いておらず、新宿は帰宅困難者だらけ。
あまりの人の多さに新宿を脱出。
スタッフ4名の自宅は、新座、国分寺、調布、吉祥寺。
いま思えば、電車が復旧するまで会社や、近所の飲食店などで待ち、
翌朝に帰宅するとか、吉祥寺(当時の僕の自宅)までなら歩けないこともないので歩き、
電車の復旧を待つという選択肢もありましたが、ほとんど情報がない中では、判断も鈍りますね。
結局、人が少ないと思われる大久保方面へ。
途中、食料などを買い出ししながら、2時間ほどかけて高田馬場辺りまで歩いたところで、
運良く精算中のタクシーを見つけて、ほっと一息。
新座、国分寺、調布と回って、吉祥寺に着いたのは会社を出てから8時間後の翌午前1時。
帰宅すると、自宅の4段ラックの上に置いていたビデオテープやDVDなどが床に落ち、
揺れの大きさを改めて感じました。

今回の大震災は、会社のある新宿では震度5強、地元の多摩地域では震度5弱。
震源地からは遠く離れているにも関わらず、それでも大きな衝撃を受けました。
余震、交通麻痺、そして計画停電と福島第一原発事故による放射線の問題など。
水、乾電池、懐中電灯などが軒並み品切れ状態になるなどの社会現象も起こりました。

さらに、この地震により日本の地盤に大きな変動が起き、
立川断層でも大地震が起きる可能性が高まったと言われています。
日頃からの備え、改めてしておきましょう。



1日も早い被災地の復興と、この震災が風化されないことを祈って─。


  • 今日の順位は?↓
    にほんブログ村 地域生活ブログ 多摩情報へ

    ⇒多摩の地域ポータル「たまりば」編集長こぐまのお仕事ブログ「地域とWEBを、コツコツと。」はこちら

    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布・府中など、東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
     あなたへのお薦め記事
    同じカテゴリー(こぐま)の記事画像
    台風12号と山田川の増水
    謹賀新年 公私ともに人との交わりを大切にする年に
    子どもと一緒に初参加、踊れ西八夏まつり
    東京・多摩地域でゴーカートに乗れる!府中の交通遊園に行こう
    八王子は運がいい!?100周年の花火大会は1週間前倒しで雨回避
    同じカテゴリー(こぐま)の記事
     台風12号と山田川の増水 (2018-07-29 12:39)
     謹賀新年 公私ともに人との交わりを大切にする年に (2018-01-01 20:00)
     子どもと一緒に初参加、踊れ西八夏まつり (2017-09-03 23:37)
     東京・多摩地域でゴーカートに乗れる!府中の交通遊園に行こう (2017-08-19 13:00)
     八王子は運がいい!?100周年の花火大会は1週間前倒しで雨回避 (2017-07-29 18:30)

    Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 22:54│Comments(2)こぐま
    この記事へのトラックバック
    こんばんワイン、こぐまです。久方ぶりに、この挨拶を使ってみました(笑)大晦日の今日、皆さん、いかがお過ごしでしたか?僕は、首・肩・背中・腰の激痛で目が覚め、起床するなり、...
    こぐまの2011年3大ニュース!【こぐまの多摩あるき武蔵野あるき】at 2011年12月31日 22:46
    この記事へのコメント
    あらためて東京も凄かったと。。。
    この階段を走り降りたり、家族の元へ。。。
    コグマさんの様子を思い浮かべます
    (たまたま私は東京にいなかったので)
    Posted by まったさん at 2011年06月12日 13:31
    まったさん
    お返事がすっかり遅れて申し訳ありません。
    震源地からこんなに離れているのに、東京も大混乱でした。
    まだ家族と一緒に暮らし出す前で、僕は吉祥寺で一人暮らし。
    当時5才だったちびっこは、怖くて妻にしがみついていたそうです。
    高校生の娘は、都内でアルバイトをしていて、帰宅途中に地震にあい、
    池袋で帰宅困難に。
    鉄道の運転再開を待つ間、早朝になってようやく繋がった電話で落ち着かせながら、
    クタクタになりながらお昼前くらいにようやく帰宅できたようです。
    Posted by こぐま at 2011年07月01日 21:24
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    震災から3 ヶ月…あの日のこと。
      コメント(2)