たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

2006年10月23日

僕が高尾山を守りたいと思うワケ。


昨日、高尾山天狗トレイルから戻った後、
友達に僕たちが取り組んでいる活動についてメールした。
疲れていたから、サササッと書いてるつもりだったんだけど、
書いてるうちに手が止まらなくなっちゃって、
活動の概要だけでも30行以上。。。
(´д`)オェ(←おいおい)




高尾山のお腹に巨大な穴を開けて、高速道路を通されようとしている。
地元の人、山で暮らすムササビなどの動物たち、ブナなどの植物たちの気持ちを無視して。
人間のお腹に穴を開けたら、血液が流れ出ちゃうのとおんなじで、
山のお腹に穴なんか開けたら、水脈が切れて山が死んじゃう。
高尾山は、多摩に生まれた僕にとったら、故郷の象徴みたいな大切なものなのに、
植物も、動物も、昆虫も、いっぱい住んでる、東京に残された掛け替えのない自然の宝庫なのに。


人からは、
「貴重な休日をそんな活動に使うなんて、もったいない」とか、
「そんなことをしたって、環境を守れるわけじゃない」とか、
「なんのメリットがあってやってるの?」とか、
ちょっと批判めいたことすら言われちゃうことがある。



なんのためにか・・・。



この活動には、本当にたくさんの方々が関わっていて、
それぞれに、参加してる理由は違うんだと思う。



もう4年目になる僕の場合はというと、
「楽しいから」「気持ちいいから」というのが主な理由かな。



おいおい・・・「自然を守りたいから」じゃないのかよって、
お叱りを受けちゃうかもしれないけど、
僕は純粋に言ったら、自然を守るということ自体が、
この活動に参加している理由の中心ではない。



自然を守ることも、もちろん大切なことだと思うけど、
何よりも僕がこの活動を続けているのは、
めちゃくちゃ楽しい仲間たちと、めちゃくちゃ気持ちいい時間を過ごせるから。
めちゃくちゃ楽しくて気持ちいい時間を過ごすには、
僕は高尾山みたいな水と緑が豊かな場所が一番だと思ってる。
だから、高尾山はどうしても守りたい場所。
水辺大好きなこぐまにとっては、常に沢を流れる水の声が聞こえてくる山は、
この上ない極上の癒しスポット。
ここを守るためだったら、がんばれちゃうなぁ。


楽しい仲間たち、気持ちいい時間、癒しの空間。
どれが欠けちゃっても、「極上」じゃなくなっちゃう。




いつまでも、この山が僕にとっての「極上」であり続けますように。




いつまでも、この山が皆にとっての「極上」であり続けますように。




いつまでも、この山が動物たち植物たちにとっての「極上」であり続けますように。



  • 今日の順位は?↓
    にほんブログ村 地域生活ブログ 多摩情報へ

    ⇒多摩の地域ポータル「たまりば」編集長こぐまのお仕事ブログ「地域とWEBを、コツコツと。」はこちら

    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布・府中など、東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
     あなたへのお薦め記事
    同じカテゴリー(高尾山)の記事画像
    息子と高尾山、頂上を目指さない楽しみ方
    夏こそおすすめ、高尾山で涼しい風に包まれよう
    紅葉が色づき始めた高尾山で「もみじまつり」開催中
    小仏の木々からエネルギーをもらう…ありがとう、ごめんなさい
    高尾駅北口すぐのそば屋「玉川亭」で昼食
    同じカテゴリー(高尾山)の記事
     息子と高尾山、頂上を目指さない楽しみ方 (2018-06-03 21:20)
     夏こそおすすめ、高尾山で涼しい風に包まれよう (2017-07-17 10:00)
     紅葉が色づき始めた高尾山で「もみじまつり」開催中 (2016-11-06 22:45)
     小仏の木々からエネルギーをもらう…ありがとう、ごめんなさい (2015-02-22 20:00)
     高尾駅北口すぐのそば屋「玉川亭」で昼食 (2015-02-21 21:00)

    Posted by たまりば編集長こぐま(ジェイ・ライン株式会社 大熊雅樹) at 23:40│Comments(4)高尾山
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    僕が高尾山を守りたいと思うワケ。
      コメント(4)