たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市


直江状(直江兼続から徳川家康への書状・手紙)


こんばんワイン、こぐまです。

いま、とある手紙をしたためています。
電話、ファックス、メール、スカイプなど、
今やコミュニケーション手段は色々あるわけですが、
あえて今回は手紙を書いてみることに。
物書きの端くれとはいえ、手紙は書き慣れないので、なかなか苦戦してます…φ(..)


ちょっと気分転換に、手紙にまつわる歴史の紹介。
今年の大河ドラマ「龍馬伝」は、幕末に徳川を倒そうとした人々にスポットが当たってましたが、
江戸幕府が開かれる直前に、やはり徳川との衝突もやむなしと判断し、
ある有名な書状を送った武将がいました。

彼の名は、上杉景勝の右腕として活躍した、直江兼続。
有名な書状というのは、関ヶ原の戦いの引き金となった直江兼続から徳川家康への書状、
世に言う「直江状」です。

豊臣秀吉亡き後、次の天下人と目されていた家康に、堂々と立ち向かったこの書状は、
力に屈しない、義を重んずる上杉の家風が存分に表現された名書。

原文が残されていないのが残念ですが、後の世にまで語り継がれるほどですので、
当時の評価も高かったことでしょうね。









  • 人の己れを知らざるを患えず、己れが人を知らざるを患えよ。


    孔子の言葉だそうです。

    人の己れを知らざるを患(うれ)えず、己れが人を知らざるを患(うれ)えよ。

    人に自分の考えや努力をわかってもらえないと嘆いてないで、
    自分が人の気持ちや頑張りを認めようとしなさい。

    簡単に訳すとこんな感じかな?


    「話しても、わかってもらえない」と、つい人のことばかりを責めてしまいがちですが、
    反対の立場になって考えてみると…あ、自分も相手のことわかってなかったな…
    そんなことって、よくありますよね。


    たまたま最近、自分がそういうことに直面していて、
    いけない、いけない…と我に返らせてくれた孔子の名言。
    「NEWS ZERO」でキャスターの方が紹介していた言葉の紹介でしたー。


    あ、出だしで「こんばんワイン」っていう決まり文句を言いそびれたな…(笑)




  • 星になっていく尊い命を・・・ハイチ大震災に思ふ。


    おはようございます、こぐまです。

    昨夜24時頃に帰宅して、テレビをつけるとハイチでの震災を報じる番組が。
    ハイチという国は、カリブ海に浮かぶ小さな小さな島国で、
    政情は不安定、経済的にも決して恵まれないのだそうです。

    僕は普段、地元のことや、せいぜい国内のことにしか目が向いていなくて、
    自分のことさえコントロールができない、まだまだ未熟者。

    そんな未熟者でも、ときには海の外に目を向けることがある。

    ハイチの大震災…赤十字によると、推定死者数は5万人…。
    今も、瓦礫の下で助けを、救いを求める子どもたち、大人たちがたくさん。

    人間だけじゃない…。
    報道では取り上げられないけど、動物、植物、たくさんの命たち。


    TVという箱の中からは、彼らの「生きたい」「助けて」って声が聞こえてくるよう。
    だけど、何もしてやれない。
    できるのは、せめて「ひとつでも多くの命が救われるように」って願うくらい。
    願わないよりは、願った方がいい。
    だけど、それだけじゃ救えるわけじゃない。

    震災は、人類の過ちが引き起こすものではなくて、
    何億年前から繰り返されてきた地球の活動。
    地球だって、ひとつの命。
    悪気はなくたって、つい暴れ出しちゃうことだってあるんだよね。

    誰を責めるわけでもないけど、遠く離れた島国からは、
    手を合わせて祈るしかない…大丈夫であるように。
    そして、いつかやってくるであろう関東大震災、東海大地震への祈りも。
    そのときは、きっと、遠く離れたカリブの島国から、力強い祈りが届く。

    自分の足元しか見えてない僕にも、こうして祈りを捧げることはできた。
    他に何ができるんだろう…僅かしかない貯金から、いくばくかの募金。
    お金よりも、物が必要なのかな…。
    きっと、彼らを支えてあげられる声も必要。

    僕の狭い視野の中で頭に浮かび、耳に聴こえ、口ずさんだ曲。





    ハイチ大地震で亡くなられた皆様に、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
    また、被災地の皆様に1日も早く、安らげるときが訪れますように―。
    彼らの未来が、きっと大丈夫であるように―。