たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市


スポンサーリンク


上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。



登ってきました。


imgeimge2











昨日は久しぶりに高尾山に登りました。
大好きな6号路から登り、いろはの森を抜けて日影沢林道へ下りるコース。
imge3帰りにはツリーハウス作業の様子も見学。JTNの人たちが、ワイヤーで体を吊って宙に浮いていた…。



 


 


 


1枚目の写真は僕のお気に入りの休憩地点にある腰掛用(と僕が勝手に思い込んでる)根っこ。
2枚目は頂上からの眺め。ガスが出てしまって、遠くの方までは見えなかったけど、それでも絶景。
3枚目はツリーハウス作業の様子。さすがに高所での作業になると、こぐまは文字通り手も足も出ません。





  • 今年もやります!高尾山天狗トレイル


    imge 10月16日(日)、高尾山でトレイル大会が開催されます。
    一等賞を目指すもよし、のんびり自然を満喫するもよし、個性的なパフォーマンスで目立つもよし。
    興味のある方は、高尾山天狗トレイル2005最新情報をCHECKして下さい!

    ※RSSリーダーを使えば、常に高尾山天狗トレイル2005最新情報の更新をCHECKすることができます!
    [お薦めRSSリーダー]RSSバー http://darksky.nureyev.net/sw/rssbar/





  • チェーンソー、丸ノコ、インパクト。


    ついに初体験!
    前回から高尾山のツリーハウス作りに参加しているこぐまですが、
    初回は梅もぎ部隊に回ってしまったので、作業らしいことは1つもできませんでした。
    それが昨日、初めて本格的な作業に参加することができたんです。



    前回までに1階部分のデッキが完成していたので、
    昨日はそこに手摺りを付けるのがミッション。
    山の斜面に生えた大きなモミの木をベースにツリーハウスを作っていくので、
    手摺りがないと、一歩間違えば斜面を転落…なんてことにもなりかねません。
    だから、この手摺りづくりには、細心の注意が求められます。



    こぐまはまず、丸ノコ(円形の電動ノコギリ)を使って角材を正確な長さに切り揃える作業を担当。
    初めて使う丸ノコくんは、意外に聞き分けのいい道具でした。
    角材に切り込む最初の角度さえ間違えなければ、あとはジャスティー(定規みたいな物)に沿って、
    ギュイィィィィィィィィィィィィ~ンと切り進むのみ。
    角材が分厚かったので、5センチほど丸ノコの刃が届かなかった部分があります。
    その切り残しは、小学校の図工の授業でもお馴染みの手でギコギコやるタイプのノコギリで切断。
    多少のずれはあるものの、初めてにしては充分すぎるくらいきれいに切れました。



    僕は左利きなのですが、丸ノコも手ノコも右手で使用してました。
    丸ノコはマシン自体が右手用しかなかったので、仕方がないのですが、
    実は手ノコも右手で使えるんです。たぶん左右どちらでもOK。
    学校の授業って、右利き用にしか教えてくれないから、始めから右手で馴染んでいたからでしょう。
    ちなみにハサミも右手で練習していたので、右手で切れるようになりました。
    文字を書くのはダメだけど…。



    話題がそれましたが、今度は道具入れ用の棚を作るチームに任命され、
    チェーンソーを初体験。ジェイソンが手に持ってる、アレです。
    このチェーンソーっていうマシン、バイクみたいなんですよ。
    お腹の中に燃料が入っていて、ポケバイ(小さなバイク)のエンジンをかけるときに使うような
    つまみがついていて、これを思い切り引っ張りあげるとブルンンってエンジンがかかります。
    あとは、ピストルの引き金式のスイッチを押すだけでチェーンソーの刃がタイヤのように回り始めます。
    かなり重量があるマシンなので、体の小さな僕には、これを支えているだけでも結構な力がいります。
    これで木材を切るんだから、相当なパワーが必要なのかなーと思いきや、
    木材に刃を置いてやると、自然とバリバリ切り刻んでくれちゃうんです。
    こっちはチェーンソーを支えているだけ。こりゃ楽だ。



    だけど、簡単に切れちゃうってことは、それだけ危険もつきものっていうことですよね。
     
    注意しながら作業を進めてはいたものの、やっぱり素人が危険な道具を使うと、起こっちゃうんです。
     
    アクシデントが。
     
     
     
    ギュイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン。
     
     
    勢い良く回転するチェーンソーの刃。
     
     
    ギュイィィィィィィガガガガガガガガガガガガガガガガ・・・・・。
     
     
    鈍い音。なんだ?
     
     
    周りにいた仲間たちが騒いでいます。
     
     
    なんだなんだ??
     
     
    「当たってる!当たってる!!当たってる!!!」
     
     
    かなり深刻な顔のチェーンソー持ち主。
     
     
    なんだなんだなんだ???
     
     
     
     
     
     
     
     



      
    切れてたんです。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    地面が。
     
     
     
    チェーンソーって、土をかんじゃうと、とたんに切れ味が落ちちゃうらしいんですね。
    「絶対に地面に刃が当たらないように、浮かした状態で使ってね」ってレクチャー受けてたのに…。
    刃を研いでやり直し。
    グネグネ曲がった丸太ができちゃったけど、まあご愛嬌ということで・・・(苦笑)
    丸太の半割れ作るのって、難しいんですよ。
     



    こぐまの中では、何事もなかったかのように作業は次の工程へ。
    先ほど切った木材を棚の柱にします。
    四隅に丸太を立てて、それを先ほどの半割れ丸太でつなぎます。
    ここで使用するのがインパクトドライバー。
    ドリルの先っぽがドライバーになっていて、ネジを打ち込んでいく道具です。
    これは、ほとんど何もレクチャーがないまま、いきなり作業に。
    他の2つの"切断系"ツールとは違って、見たままの使い方だったので、
    こちらはなんとか使いこなせました。



    あと少しで棚が完成というところで、土砂降りの雨が。
    残念ながら、完成を見ないまま、山を後にしましたとさ。



    他の皆は、今日も引き続き作業をやってるけど、あの棚どうなったかなー?
    誰かが続きをやって、完成させてくれるといいなー。
     
     






  • 守りたい場所



    久しぶりに、ひとりで高尾山に遊びに行きました。
    最近はツリーハウスの作業などのイベント関連で大勢で行くことが多く、
    ひとりでゆっくり山を歩く機会がなかったんですが、
    今日は作業もイベントもなく、ひとりでのんびりできましたよ。



    以前にも何度か触れているとおり、こぐまは水の流れる音が大好き。
    サァ~っていう、あの音を聞いていると心が和みます。



    高尾山の周りには、案内川・南浅川・小仏川など、いくつかの川が流れています。
    僕が今日ゆっくりと時間を過ごしたのは、小仏川の周辺。
    山道のあちこちから、川辺へ下りることができるようになっていて、
    ↑の写真のような絶景も楽しむことができるんです!



    imge2 帰り際には、川の周りの草の中から、チラチラ光るホタルを見ることもできました。
    昔は、あちこちで見ることができたホタルも、最近では観られる場所が限られてしまっています。
    自宅のそばを流れる空堀川も、今では土手がコンクリで固められてしまって、ホタルとは出会えません。
    貴重になったからこそ、かけがえのない場所だからこそ、どうしても守りたい場所。
    僕にとっては、その1つがこの小仏川が流れる高尾山一体の緑と水が溢れるエリアです。






  • 梅もぎ/ツリーハウス


    imge 久しぶりに高尾山に行ってきました。
    今日は毎年恒例の梅もぎ大会と、ツリーハウス作業の日。
    たまたま同じ日にふたつの作業が重なってしまったため、
    メンバーを二手に分けて、それぞれの持ち場で作業することになりました。



    ツリーハウスの方は、もう作業が始まって1ヶ月経っているけど、作業に参加するのは初めて。
    杭を打ったり板を張ったりっていう土木作業は、あんまり経験がないので、
    周りの人の足を引っ張らずに、役に立てるかな~なんて思っていたら、
    作業場に着くなり、「こぐまは梅もぎ担当」と言いつかりました…。
    梅もぎは今年で3年目だし慣れてるから、こっちの方が役には立てそうかな、と思い承諾。



    高尾で60年以上も無農薬農業をやっている80うん歳のおじいちゃんがいます。
    このおじいちゃんの梅林での梅もぎが、僕たちの毎年恒例の行事。
    樹に登ったり、下から竹の棒で突いたりしながら、梅の実を集めていきます。
    甘酸っぱい香りがして、とってもおいしそうな梅たち。
    自分で集めた梅を食べるのが毎年の楽しみ♪
    おじいちゃんと、おばあちゃんの手で育てられた梅で作った梅干は、サイコーです!



    僕たちは、ときどきこうやって、このおじいちゃんの農業を手伝っています。
    普通に会社で働いているだけじゃ、なかなか梅もぎに参加する機会なんてないですよね。
    ただ高尾の自然環境を守りたいっていうだけじゃなくて、
    こういう素晴らしい体験ができるから、高尾を守るために頑張ろうって思えるんです!



    imge2 ちなみに、ツリーハウス部隊も順調に作業が進み、
    ついに1階のデッキ部分が完成しました!
    梅もぎ隊も合流して、夕方からビールで乾杯☆
    ツリーハウスが完成したら、樹の上で乾杯したいな~!!






  • みんな、ありがとう!


    「やま、かわ、うみ、そらFESTIVAL」(5月21日/国営昭和記念公園)。
    1,000人を超えるたくさんの方々が、山、川、海、空のSOSに耳を傾けてくれた。
    会場に来てくれた皆さん、ブースを出展して自然保護の声をあげてくれた皆さん、
    そしてイベントを企画し支えてくれたスタッフの皆さん、本当に本当にありがとう!
    僕も、高尾山関連のブースを中心に、出展団体のお話を聞いたり、ライブで盛り上がったり、
    とっても楽しい時間が過ごせました。



    会場が、同じ多摩地区の昭和記念公園(立川市)ということもあって、
    高尾山関連のブースには、たくさんのお客さんが立ち寄ってくれました。
    裏高尾のおじいちゃんが大切に育てた無農薬野菜を買ってくれた方、
    召し上がっていただけましたか?おいしかったでしょ??
    Tシャツを買って行ってくれた方、この夏は何回も着て、SAVE Mt.TAKAOをアピールして下さい!
    そして、ツリーハウスプロジェクトに賛同してくれた皆さん、素敵な「隠れ家」造りましょうね!



    みんなの声が集まれば、大切な「やま」「かわ」「うみ」「そら」を守れるはず!
    がんばりましょう!!






  • やま、かわ、うみ、そらFESTIVAL


    imge 高尾山の危機を、ひとりでも多くの人に知ってもらいたい。
    高尾山の悲鳴に耳を傾けるきっかけにしてもらいたい。
    そんな趣旨のイベントが、明日、立川の国営昭和記念公園で行われます。
    お時間がある方は行ってみてはいかがでしょう?
    こぐまも会場にいます。



    ■やま、かわ、うみ、そら FESTIVAL■
    高尾山、川辺川、諫早湾、東京の空など、過度な開発のために悲鳴をあげている山、川、海、空。
    そんな自然の大切さを、五感で感じる環境・音楽イベント。



    ☆参加アーティスト☆
    GOCOO、渋さ知らズオーケストラ、ソウルフラワーモノノケサミット、China
    Cats Trips Band、シーサーズ、神鬼廊 (Shinkilow)、旅心音楽団、DRUMAGIK
    (ドラムサークル)、松平晃、タンパロン、ミズウリ、マシーン速人、
    savetakao.com、おはる(チナキャッツ)他



    【日時】2005年5月21日(土)10:00~20:30
    【会場】国営昭和記念公園、及び公園立川口前特設会場
    【交通】JR中央線、南武線「立川駅」から徒歩15分
        多摩都市モノレール「立川北駅」から徒歩15分
    【URL】http://www.yamakawaumisora.net/






  • お御輿わっしょい!


    「吉祥寺秋祭り」で撮影したお御輿の写真です。








    このあと別な用事で三鷹に行ったら、こっちでもやってました。






  • お鷹の道(国分寺)




    国分寺市内にある「お鷹の道・真姿の池湧水群」周辺エリアにウォーキングに行ってきました。
    何度も書いているように、こぐまは水のある場所が好き。
    自宅から30分くらいで行ける場所なので、お鷹の道・真姿の池コースはお気に入りです。
    大きなペットボトルを何本も自転車に積んで、飲料水として汲みに来る人がいるほど、
    清く澄んだ水なんですよ。夜にはホタルも見られます。






    残暑が厳しかったので、お散歩中のワンちゃんも、しばし休憩…とばかりに、着水。
    カワイイ、カワイイと、散歩中の人たちも集まってきます。
    なかなかワンちゃんが水浴びできる川なんてないですからねぇ…なんて話してるうちに、
    5分、10分、15分…おいおい!お前さん、いつまで浸かってるつもりだ!?
    お腹冷えなかったかなぁ??結局、僕が再び歩き出した20分後まで、ずっとこのまんまでした。







    話は突然変わりますが…







    「自分が生まれた国や地域の歴史や文化を知らない人、好きじゃない人が多い」。
    こないだ仕事帰りにお酒を飲みながら、そんな話題になりました。







    「海外旅行が好きで、毎年のようにアメリカ・アジア・ヨーロッパ…と観光を楽しんでるけど、
    日本の歴史や文化について、自分の言葉で(日本語でも外国語でも)紹介することはできない」とか、







    「地方から東京に出てきて、銀座や六本木・渋谷・新宿などの街には詳しいけれど、
    自分の生まれた地域については、あんまり知らない…」。







    そんな人は結構いるんじゃないでしょうか。







    東京都・埼玉県にお住まいの方、あなたが住んでいる地域が、
    かつて、なんという国名だったのかご存知ですか?







    (1)江戸
    (2)武蔵
    (3)彩の国







    正解は、そう「(2)武蔵」。







    じゃあ、この武蔵国の中心はどの辺りだったのでしょう?
    江戸時代には、江戸城が日本の中心都市になりましたが、
    じゃあ、徳川家康が江戸に入るよりも前は??







    (1)江戸(東京都心部)
    (2)多摩地域(東京都下)
    (3)さいたま市周辺







    正解は(2)多摩地域(東京都下)。
    正確にいうと多摩地域に属する府中市・国分寺市周辺です。
    意外でしたか!?







    府中市には「大国魂神社」というのがあります。
    この周辺には、今でいう都道府県庁にあたる「国府」が置かれていました。
    つまり府中市は、現在の東京都でいう東京(新宿区)、埼玉県でいう「さいたま市」にあたるわけです。
    ちなみに現在では大国魂神社の裏に東京競馬場があって、賑やかにお馬さんたちが駆けています。







    もうひとつ。武蔵国の中心と考えられる場所があります。
    府中市のお隣り、国分寺市です。その名の通り、ここには「武蔵国分寺・国分尼寺」があります。
    国分寺・国分尼寺といえば、ご存知の通り、奈良時代に東大寺の大仏を建立した聖武天皇が、
    国家鎮護のために全国に僧寺・尼寺を造らせたという一大プロジェクトの、あれ。
    ここまで大規模な国家事業って、他にないんじゃないでしょうか?
    その国分寺・国分尼寺があった国分寺市も、武蔵国の中心地として考えられるわけです。







    大国魂神社・国分寺を結ぶかたちで、「東山道武蔵路」という、今でいう国道が走り、
    その沿線に役所や豪族・武士たちの屋敷が構えられていたと考えられています。
    東山道武蔵路は府中・国分寺から北へ向かい小平・東村山・所沢…と多摩地域・埼玉県を通っています。







    今でこそ「23区は都会」「多摩は田舎」というイメージが浸透しちゃっていますが、
    もともとは全く逆だったんですねー。




  • トトロが住む里



    東村山には、こんなかわいい橋や公園があるんです。
    「弁天橋」と「弁天池公園」。
    西武新宿線の東村山駅西口から北山公園方面に向かう途中にあります。
    北山公園へ向かうルートはいくつかあるんですが、
    僕はいつも、弁天橋・弁天池公園を通るコースで行きます。
    詳しくは、東村山駅西口の商店街の各店舗で配布されている
    散策マップをご覧下さい。



    この橋と池を越えると、そこには映画「となりのトトロ」の舞台にもなった北山公園・八国山の緑いっぱいの散策コースが。こぐまが一番好きなウォーキングコースです。そう、「のび太くん」にとっての、学校のうら山みたいな存在かな。