たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市


花粉症の季節がやってきたようです…。


こんばんワイン、こぐまです。

先週は扁桃腺腫らして39℃の高熱でしたが、今週末もどうもシャキッとしない…
熱は平熱よりやや高めかなぁくらいなんだけど、鼻が詰まってて、喉も痛い。
懐かしのたまりば変顔選手権ばりに、鼻ティッシュしないと…orz

処方されてた風邪薬の残りを、もう一度飲み直すも、あまり効果はなく、
どうしたもんかなぁ…と思ってたんですが、
どうも時期や天候から判断するに、こいつは風邪の再発じゃなくて、
毎年やってくる花粉症さんでは??という仮説に行き着きました。

まだ今年は何も対策してなかったんですけど、点鼻薬やらトローチやら、
鼻と喉をケアするためのグッズを買ってきて集中投下〜。
あ〜ぁ、また薬が増えてしまった。。。

おしゃべり好きなこぐま、喉をやられると手も足も出ません。。。
明日からまた仕事なんだから、収まってくれ〜い!

タグ :風邪花粉症




  • どこだー?


    こんばんワイン、こぐまです。

    土日に遊びまくり、はしゃぎまくり、今朝は目覚ましにも気付かなかった…。
    でも、こないだ休日出勤した分の代休をもらってたので、問題なしです(^^)v
    結局、半分以上は自宅で仕事してたんですけどね…(・・;)
    あ、あとちゃんと立川・昭島マラソンに向けて、トレーニングも!

    で、土曜日だ。
    京王線に駆け込み乗車までして、どこ行ってきたかっつうとよぉ…


    ↑ここ、ここ。
    どーこだ?
    ヒントは…「ペンギンがいない」。

    きっと、たけたろべぇさんは即答でしょう!
    ブログを読む時間的余裕があればですが…。





  • 意外と暑いな…京王線に駆け込み乗車〜!


    こんにチワワ、こぐまです。

    先週は休日出勤だったけど、今週は休みです。
    遊びます、多摩を遊びつくします(^^ )=3カタカタ


    しかし…暑い。
    井の頭線に駆け込み乗車したもんだから、
    マフラーもダウンも、邪魔だ邪魔だ〜っ

    そういえば、ここんとこ休日に外出しようとすんと、必ず晴天な気が…。
    こぐま、晴れ男?





  • 弁当男子のその後…。


    こんにチワワ、こぐまです。

    休日出勤中なので、今日もお昼はお弁当。
    時間・体力があるときは、簡単なもねでも作って持ってきてたんですが、
    今日は疲れに負けて冷凍食品とご飯のみ。。。
    というか、冷蔵庫開けたら納豆しか入ってなくて、
    かろうじて残ってた冷凍食品で凌いでます(^^;

    休日出勤って、静かだから集中できんのはいいけど、
    ひとり無言で食べるご飯は寂しい(T_T)


    夜は夜で大事な用事が待ってるので、あと10分だけお茶飲み休憩して、
    午後もドドーッと仕事しまーす。

    …まだ3割しか終わってないど。。。


    タグ :弁当男子




  • 星になっていく尊い命を・・・ハイチ大震災に思ふ。


    おはようございます、こぐまです。

    昨夜24時頃に帰宅して、テレビをつけるとハイチでの震災を報じる番組が。
    ハイチという国は、カリブ海に浮かぶ小さな小さな島国で、
    政情は不安定、経済的にも決して恵まれないのだそうです。

    僕は普段、地元のことや、せいぜい国内のことにしか目が向いていなくて、
    自分のことさえコントロールができない、まだまだ未熟者。

    そんな未熟者でも、ときには海の外に目を向けることがある。

    ハイチの大震災…赤十字によると、推定死者数は5万人…。
    今も、瓦礫の下で助けを、救いを求める子どもたち、大人たちがたくさん。

    人間だけじゃない…。
    報道では取り上げられないけど、動物、植物、たくさんの命たち。


    TVという箱の中からは、彼らの「生きたい」「助けて」って声が聞こえてくるよう。
    だけど、何もしてやれない。
    できるのは、せめて「ひとつでも多くの命が救われるように」って願うくらい。
    願わないよりは、願った方がいい。
    だけど、それだけじゃ救えるわけじゃない。

    震災は、人類の過ちが引き起こすものではなくて、
    何億年前から繰り返されてきた地球の活動。
    地球だって、ひとつの命。
    悪気はなくたって、つい暴れ出しちゃうことだってあるんだよね。

    誰を責めるわけでもないけど、遠く離れた島国からは、
    手を合わせて祈るしかない…大丈夫であるように。
    そして、いつかやってくるであろう関東大震災、東海大地震への祈りも。
    そのときは、きっと、遠く離れたカリブの島国から、力強い祈りが届く。

    自分の足元しか見えてない僕にも、こうして祈りを捧げることはできた。
    他に何ができるんだろう…僅かしかない貯金から、いくばくかの募金。
    お金よりも、物が必要なのかな…。
    きっと、彼らを支えてあげられる声も必要。

    僕の狭い視野の中で頭に浮かび、耳に聴こえ、口ずさんだ曲。





    ハイチ大地震で亡くなられた皆様に、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
    また、被災地の皆様に1日も早く、安らげるときが訪れますように―。
    彼らの未来が、きっと大丈夫であるように―。





  • 土方歳三最期の一日を発見!BOOK OFF吉祥寺店


    おはよーグルト、こぐまです。

    新選組ネタ、土方ネタが続きます。
    ずっと探してたDVD、吉祥寺のBOOK OFFで見つけました!

    「新選組!!土方歳三最期の一日」

    大河ドラマで放送されていた「新選組!」の番外編として描かれた番外編。
    本編では、局長の近藤勇が板橋で官軍に処刑されるところで終わりでしたが、
    土方ファンを中心に、箱館戦争まで続編を…という声が多く、
    異例の特別編として作られた作品です。
    当時、高幡不動の幕末めし処池田屋さんで、続編放送嘆願書に署名したのを覚えています。
    (池田屋さん、今は「幕末茶屋 池田屋」として高幡不動詣りの休憩所になっています)


    年末に部屋を片付けてて、読み終えた本を10冊くらい持って、
    BOOK・OFFに買い取りをお願いしたついでに、DVD販売コーナーに行ったら、
    今までなかったのに、ポツンと1点だけあった!

    「士道とは、死ぬことと見つけたり」とばかりに、
    自分らしい死に場所、先に死んで行った仲間たちに恥じない死に方を求め、
    会津、仙台、箱館(函館)と転戦した土方歳三の最期までが描かれています。
    最期まで武士であり、「喧嘩士」だった土方、
    でも隊士たちへの気遣いも忘れない、偉大な人だったのだと思います。




    ちなみに、引き続き「新選組完全版」のDVDセットを探してまーす。
    バラではときどき目にするんですが、セットがいい…。
    もし見かけた方がいらしたら、情報下さ〜い!
    ※予算の都合上、なるべく中古で…(笑)
      大掃除でリサイクルショップに売りに行った人がいるのでは…と、期待してるんですが、
      さすがにこういうのは、もともと特別な思い入れがある人たちが買うだろうから、難しいかなぁ…。


    ・たまりばアンケート「大掃除などで出た不用品…あなたならどうしますか?」








  • 獅子舞こぐま(笑)…ホビーオフ大和田店にて


    おはよーグルト、こぐまです。

    今さらですが…正月用に写真だけ用意してた、「獅子舞こぐま」(笑)

    このクマ、スマイルさんのホビーオフでガラスケースの中で立たされてて、
    他人事に思えなかったので、スマイル店長にお願いして、
    連れて帰らせてもらいました。
    本当は、何かクリスマス&お年玉代わりに、プレゼントになるような物を
    探しに行ったつもりだったのに、便乗して自分のまで買っちゃった(笑)
    ・ホビーオフ新着商品情報
    ・たまりばアンケート「大掃除で出た不用品…あなたならどうしますか?」

    獅子の方は、確か一年前の正月あたりに、知り合いの方が関わっている
    東京の地酒販売会で、お気に入りの「ゆず酒」を買ったら、
    おまけで頂いたものです。
    ・東京にも酒蔵があったの?(東京都酒造組合)

    サイズがちょうど良かったので、小さいこぐまに持たせて記念撮影(笑)
    この困ったような表情、誰かに似てんだよな〜

    ちなみに、全国的には普通、頭とお尻で2人で操るイメージがある獅子舞ですが、
    多摩地域での獅子舞は、一人立三匹獅子舞が多いそうです。


    以下、おまけ。昨夜見つけて気に入っちゃったので^^;







  • 高幡不動尊・土方歳三像にお詣り…お土産は局中法度


    おはヨーグルト、こぐまです。

    さて、再び行ってきました高幡不動。
    元旦は、あまりの混雑に「士道にあるまじき」撤退を余儀なくされましたが、
    今度こそ…のリベンジ!


    山門を抜けて、まずは不動堂にお詣り。


    続いて、裏手の大日堂にもお詣り。
    五重の棟でも手を合わせ…。


    最後に土方歳三像にご挨拶。
    高幡不動尊境内には、あちこち賽銭箱があるんですが、
    さすがに不動明王でも菩薩様でもない「鬼の副長」の前には、
    献花だけで賽銭箱まではありません(苦笑)
    僕は「気持ち」として少額ですが、お花の隣に納めさせて頂きました。

    前回は親戚やお世話になった方々にお土産で歳三饅頭を買って帰りましたが、
    今回は自分向けに松盛堂さんで新選組グッズを…。

    前にも書いたかもしれませんが、半分だけ土方一族の血が流れてるこぐま、
    「誠」の文字に非常に敏感で、魂が燃え上がるんですよね。

    事前に松盛堂さんのホームページで、新選組グッズをチェックしてあって、
    このタぺストリーがどうしても欲しかった!


    だいたいの新選組グッズには、「誠」の旗印は入ってるんですが、こいつには、
    「局中法度」という、土方が考案したとされる隊内のルールが書かれています。

    【新選組局中法度】
    一、士道にそむくまじきこと
    一、局を脱するをゆるさず
    一、勝手に金策をいたすべからず
    一、勝手に訴訟取りあつかうべからず
    一、私の闘争を禁ず
    以上に反する者には切腹を申し付ける

    項目は少ないですが、隊内では鉄の掟とされ、違反した隊士は粛正されました。
    代表的なのが、初代筆頭局長の芹沢鴨や、総長の山南敬助。

    なぜ、そんなに厳しいルールが必要だったのか…、
    諸説ありますが、一般的には新選組は全国から雑多に集まった烏合の衆であり、
    隊の結束を守るためには、鉄の掟が必要だったのでは、と言われています。

    この局中法度により結束が強まった新選組は、佐幕派(江戸幕府擁護)の
    主力として、池田屋事件、鳥羽・伏見の戦い、箱館戦争を戦い抜きます。

    局中法度をそのまま自分に当てはめたら、1日で切腹になりそうですが(笑)、
    自らを律するという意味で、局中法度を意識した生き様をしたいと思い、
    こちらを選ばせて頂きました。

    ちなみに、境内で引いたおみくじは、なんと「大吉」。


    今年一年を実のある年にできるよう精進するから、見ててね、歳三さん!


    ・高幡不動尊ホームページ
    ・高幡まんじゅう松盛堂さんホームページ
    ・松盛堂さんのブログ「拝啓、饅頭屋です。」








  • THIS IS IT〜マイケル・ジャクソンが遺してくれたもの


    こんばんワイン、こぐまです。

    【吉ろぐ】に書いた通り、マイケルジャクソンの「This is it」を観てきました。

    洋楽はめっきり弱い僕ですが、さすがにマイケルは知ってました。
    でも、彼はスターであり、作り上げられた虚像なのでは?
    なんていう、うがった見方をしてました(報道でしか彼を知らなかったので)。

    違った…彼はスターとか、キングオブポップなんて言葉じゃ表現し切れない…。

    エンターテイナーとしての実力がずば抜けてるのはもちろんだけど、
    「地球を守る」という思いもずば抜けてるんだと思う。
    そして、自分が圧倒的な人気を誇るスターであることに甘んじるのではなく、
    自身を「地球を守る」っていう目的達成のためのシンボルとして捧げようとしてた。

    どうしてこんな偉大な人が、若くして…。
    彼の魂は、残された人間たちが受け継いでかなきゃいけないって、
    改めて強く思わされました。

    頑張って生きようとしてくれている、この地球。
    僕にできんのは、山や森や川を守ろうって言い続けること。
    そして地球の尊さを思い出して、生態系を守る大切さを思い出して、
    「大丈夫であるように」って願い続け、行動し続けること。
    とても、誰かひとりが頑張ってどうにかなる問題じゃなくて、
    旗振り役になるカリスマが必要…それがマイケルだったんだなぁ。

    THIS IS IT
    いろんな意味がある言葉のようですけど、
    「いよいよだ!」とか、「これで最後だ!」という捉えられ方が一般的なのかな?
    「いよいよ」行動しないと、「これで最後だ!」というメッセージだったのかなぁ。。
    このままでは、本当に地球が危ない。
    本気で動こう!みんなも立ち上がってくれ!
    映画を観終わった後、そんな思いを感じてなりませんでした。





  • 高幡不動尊のお土産、松盛堂の土方歳三饅頭の辞世の句


    おはよーグルト、こぐまです。

    時の流れに逆行して、元旦の朝のお話。
    →大晦日はこちら
    →元旦の午後はこちら

    今年は武蔵野八幡宮じゃなくて、高幡不動尊に初詣したくて、
    駅前から続く参道に向かってみると…山門のずいぶん手前から人の山…。
    遠くにある山門を見やると、警察の交通整理が行われてて、
    信号を渡るのすら制限されてる様子…( ̄▽ ̄;)

    どうしても1年の始まりにご挨拶したかったんだけど、
    この後も楽しみにしてた予定があったので、この日は断念。
    また別な日にお参りしにきますだ〜m(__)m

    なんで混雑が予想される高幡不動尊に、あえて行きたかったか―。
    ここは土方一族の菩提寺なんです。
    歳三さんは、ここの末寺の石田寺というところに眠っていますが、高幡には、
    彼の立像と、近藤勇とともに多摩の英雄として讃えた両雄殉節之碑があります。
    (日野の佐藤彦五郎さん、小野路の小島鹿之助さんが、
    幕府瓦解=いわゆる明治維新後の新選組の名誉回復のために尽力して
    建立が許されたもの。筆は旧会津藩主・松平容保公)

    半分だけ土方一族の血が流れてるというのもあり、魂が求めてた場所なんです。
    もちろん、何度も行ったことはあるんだけど、
    今年は、できたら元旦にご挨拶に行きたいと思ってました。
    なので近いうちにリトライする予定でーす。

    写真は高幡名物・歳三饅頭のオマケのしおり、手提げ袋、中包み、
    それぞれに記されてる辞世の句が微妙に違ってるのが、ちょっと笑えてしまいました。
    意味はずれてないから、全部正しいといえば正しいのかもしれないですね。






    歳三さんは俳句が好きだったそうで、「豊玉」という号も持ってるんですが、
    剣術とは勝手が違ったようで、一般的には才がなかったと言われている中…、
    僕はこの辞世の句は、ずば抜けて大好きなものなので、ご紹介。

    [土方歳三辞世]
    たとい身は蝦夷の島根に朽ちるとも
    魂は東の君やまもらん


    この句には、少なくとも2通りの意味が込められていると言われています。

    ・もしも北海道の箱館戦争で命が尽きてしまったとしても、
     私の魂は徳川将軍家(東の君)をお守りしていますよ。

    ・もしも北海道の箱館戦争で命が尽きてしまったとしても、
     私は多摩の皆のことを見守っているよ。

    「魂」と「多摩」をかけているという解釈の仕方は、
    飛躍し過ぎという意見もあるかもしれませんが、
    僕は後者の意味が込められていると信じたいと思います。

    そして、その魂を今の時代の自分たちが継いで行かねば…と!


    ・高幡不動尊ホームページ
    ・高幡まんじゅう松盛堂さんホームページ
    ・松盛堂さんのブログ「拝啓、饅頭屋です。」