たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

什の掟を子育てに。ならぬことは、ならぬものです。

息子の剣道の稽古でした。



剣道を習わせたいと思ったのには、単に体力作りだけではなく、
会津藩の教え「什(じゅう)の掟」とも通じる狙いがあります。

さて、その什の掟とは?
什の掟は、会津藩の藩校「日新館」で6~9才の年少者向けに教えられたもの。

一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

これ、全部が全部とは言いませんが、
現代でも大いに参考にすべき教えだと思います。
そして、会津育ちでもなければ、この掟を習ったわけではありませんが、
僕は剣道などを通じて、幼い頃に、この掟に近いものを学んで育ったと思っています。

新選組局中法度にも、「士道に背くまじきこと」など、什の掟とよく似た部分があるので、
もしかしたら、幕末の多摩にも、会津と同じ精神が受け継がれていたのかもしれません。

多摩は将軍家の天領であり、江戸の西側を守る地域、
会津は葵の御紋を許された親藩であり、東北諸藩への抑え。
さらに、新選組は会津藩お預かりという立場だったので、類似するのも当然ですね。

この「ならぬことは、ならぬ」という教え、子育てにも参考にしています。

こぐま流什の掟
一、片付けをしなければなりませぬ。
一、毎日食事ができることに感謝しなければなりませぬ。
一、食事中に肘をついてはなりませぬ。
一、悪いことをしたら、謝らなければなりませぬ。
一、寝る時間を守らなければなりませぬ。
一、筋の通らないことをしてはなりませぬ。
ならぬことは、ならぬものです。

っていうような感じでしょうか。

  • 今日の順位は?↓
    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩地区情報へ こぐまの多摩あるき武蔵野あるき - にほんブログ村

    ⇒多摩の地域ポータル「たまりば」編集長こぐまのお仕事ブログ「地域とWEBを、コツコツと。」はこちら

    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布・府中など、東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
     あなたへのお薦め記事


     
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    什の掟を子育てに。ならぬことは、ならぬものです。
      コメント(0)