たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

そらにいった妹へ。

こんばんは、こぐまです。

年末から具合の悪かった実家の愛犬あっちゃんですが、
4時間ほど前に15年の生涯を無事に終え、天国に旅立ちました。

肺に転移した腫瘍が広がり、昨年末からは毎日病院通い。
点滴を打ってもらって、なんとか痛みを和らげる日々が続いていました。

最期は、家族みんなの部屋を順々に回り、いつも寝ていたベッドにあがり、
お別れの挨拶をするように大きな声を上げ、そのまま眠りについたそうです。


正月に実家に帰ったときは、一時的に症状が落ち着いていて、
テーブルに上がって皆の夕飯を脅かすくらいの元気があったものの、
この三連休中に容態は急変。
日曜日には、急きょ兄や叔母も集まり、僕も一晩を実家で過ごしました。

この写真は、最期の対面となった日曜夜から月曜朝にかけて撮ったもの。
僕の手を顎置きに……子どもの頃からのお決まりポーズなんです。

呼吸が苦しいらしく、数時間おきにやってくる発作と闘いながら、
この小さな身体は間違えなく生きていたのです。
何度も何度も体を震わせながら、毛という毛を逆立たせながら、
彼女は必死に生きようとしていたのです。


直接的に命の危険性はないものの、
かつて毎日のように発作を起こしていた僕には、
彼女の姿は、あたかもあの日の自分自身であるかのようで…。
その姿を見て取り乱す母親と父親は、あたかもあの日の両親のようで…。

あんなに恐くて辛い思いは、もう二度としたくない…、
あんなに恐くて辛い思いは、もう二度とさせたくない…、
だけど彼女の姿を見ていると、あの日のことが鮮明によみがえる。


嫌だけど、これも現実なんだ。

15年間も…僕の人生の半分の間、いつも一緒に、
もちろん僕が発作で苦しんだあの日々も常に一緒にいてくれた、
僕にとって初めてできた年下の家族。

初めは触れることさえ戸惑いながらだったけど、
だんだん良い遊び仲間に、ときには喧嘩相手に、
辛いとき悲しいときには慰めてくれたし、
嬉しいとき楽しいときには喜んでくれた。

長い間、ありがとう。
いつかそのうち、僕もそっちに行くから、
そんときはまた、二人でかけっこしたり、寝転んだりしような。


それまで、ちょっびっとだけ、バイバイだね。





僕は独り暮らしで、気のみ気ままに生きてるつもりだったけど、
今回のことで、久しぶりに人の優しさに触れた気がしています。

妹の最期を見送るために集まった、両親、兄、叔母、従妹。
年末年始のお休み返上で、投薬してくれた病院の先生。
気落ちする僕を気づかって、仕事中にも関わらず電話をくれた仲間。
そしてブログにコメントを寄せて下さった皆さん。

本当にありがとうございました!


明日から…とはいかないかもしれないけど、
じきに、またいつものこぐまに戻ると思います。

妹は、最期の最期まで必死に生き抜いたんだ。
ここからは、必死に僕が生き抜く番!

  • 今日の順位は?↓
    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩地区情報へ
    にほんブログ村

    ⇒多摩の地域ポータル「たまりば」編集長こぐまのお仕事ブログ「地域とWEBを、コツコツと。」はこちら

    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布・府中など、東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
     あなたへのお薦め記事

    同じカテゴリー(未分類)の記事

     
    この記事へのコメント
    あっちゃんの旅立ち
    心よりご冥福をお祈りいたします


    みんなを愛し みんなから愛され 幸せな一生だったのですね

    こぐま兄ちゃんが笑顔でいないと心配されちゃうよ


    辛いでしょうけど 頑張れ!こぐま兄ちゃん!


    合掌
    Posted by Bleumama at 2009年01月14日 03:00
    さっき仕事から帰宅しました。仕事中も、あっちゃんが気になって仕方がありませんでした。
    そして、あっちゃんが虹の橋を渡ったと知り、今も涙が止まりません。
    以前、飼っていたワンコとダブります。
    幸わせにしてあげられなかったワンコです。

    皆に見守られ、お空へ飛び立った、あっちゃんは本当に幸せです。

    あっちゃんはこれからも、クマべえをお空から見守っているわよ、絶対!

    あっちゃん…
    痛みから解放されたね! 家族の愛を抱いて、
    安らかに眠ってね……
    Posted by 鳥山鳥子 at 2009年01月14日 05:08
    皆に見送られてあっちゃんも安心して旅立てたと思います。
    きっと幸せな一生だったとも思います。

    心より ご冥福をお祈りいたします。
    Posted by 響子 at 2009年01月14日 10:58
    この一週間ウチのわんこも行方不明になっていたこともあり
    あっちゃんどうしたかなぁと 心配していました。。

    今朝、たまりばトップページを見て
    「あっ!」と思い すぐに読むことができませんでした

    みんなに可愛がってもらって
    幸せなあっちゃんでしたね~( ´_`)

    心よりご冥福をお祈りいたします。
    Posted by saitosaisaitosai at 2009年01月14日 11:26
    心よりお悔やみを申し上げます。

    自分の妹、僕の場合は妹分がなくなった時に
    本当に同じように感じました。

    生きていくことは、亡くなった人の思いを受け継ぎ
    精一杯に進んでいくこと。
    そして、そのバトンを次の世代に繋げていくこと。

    前向きに、頑張って生きていこうね。

    追記:
    なかなか気持ちの整理がつかないかもしれないけど・・・・・
    無理しないで、くれぐれもご自愛くださいね。
    Posted by 初代若旦那 at 2009年01月14日 19:10
    >Bleumama
    ありがとうございます。
    最期の最期まで愛をふりまいてくれた妹の分まで、
    こぐま笑いまーす(^O^)あはは〜♪
    Posted by こぐま at 2009年01月14日 22:37
    >鳥山鳥子さん
    ありがとうございます。
    あっちゃん、旅立ちました。
    もう少し落ち着いたら、わんこトークしましょうね(^O^)
    Posted by こぐま at 2009年01月14日 22:42
    >響子さん
    あっちゃんも安心して旅立ってくれたと思うし、
    僕ら家族もなんだか穏やかな気持ちにさせてもらえる最期でした。
    マダオさんも幸せにしてあげて下さいね。
    Posted by こぐま at 2009年01月14日 22:45
    >saitosaiさん
    ありがとうございます。
    saitosaiさんちのわんちゃん、戻ってきて良かったです(^_^)
    あっちゃんは、家族にも見守られてたけど、
    ブログを通じてたくさんの方から愛をもらえました。
    本当に幸せなわんこです。
    Posted by こぐま at 2009年01月14日 22:48
    >初代若旦那さん
    若旦那さんの妹分が亡くなったときは、あまりに突然で、
    それこそ何も考えられなくて、嘘でもついてんだろうと思いました。
    うちの妹は、前々から兆候はあったので、なんとなく覚悟はあったんですよ。
    ……でも悲しいもんは悲しいですね、とっても。
    少しだけ立ち止まって、またすぐ走り出しますよー。
    17日は、復活の狼煙あげますか(笑)
    Posted by こぐま at 2009年01月14日 22:53
    くまちゃん>

    17日は派手に野辺送り、やりましょう!!
    帰さないよ、きっと。(笑
    Posted by 初代若旦那 at 2009年01月15日 09:15
    あっちゃんのご冥福をお祈りします。。。



    家族の死はなによりもツライコトだと思います。


    ここんとこ情緒不安定だったのも、あっちゃんをとても思うこぐまさんの愛だったのですね。

    これからもこぐまさんのなかであっちゃんは生き続けます。
    あっちゃんの為にも早く元気になってくださいね!
    Posted by koz at 2009年01月15日 16:41
    誰にでもいつかは来ることとはいえ、こればかりは慣れるものではないですよね・・・
    またいつか向こうで会えることを楽しみに、ゆっくりでも前を向いていくしかないんですかね。
    ひとまずゆっくり気持ちを消化していってくださいね、またBleuで飲みましょう!
    Posted by ふくすけふくすけ at 2009年01月15日 19:34
    >初代若旦那さん
    かなりはっちゃけてるか、かなりへこんでるかのどちらかですので、
    「おとな」な対応をお願い致します(苦笑)
    Posted by こぐま at 2009年01月15日 21:42
    >kozちゃん
    ありがとう。
    自分でも気づいてなかったけど、
    不安定の原因の1つはあっちゃんだったみたい。
    しばらくは、上がったり下がったりかもしれないけど、
    じきに復活するので、またお付き合い下さいな
    Posted by こぐま at 2009年01月15日 21:46
    >ふくちゃん
    月並みだけど、いなくなって改めて、妹の存在の大きさを感じました。
    末っ子だから、誰かの面倒をみるなんて経験をしたことなかったけど、
    あっちゃんのおかげでいろいろ学んだことがあります。
    まだ年明けてから一度も行けてないけど、
    月内にはBleuに行きたいと思います。
    Posted by こぐま at 2009年01月15日 21:50
    はじめまして。

    とても愛を感じました。
    あっちゃんも幸せだったでしょうね。
    Posted by 東村山の整体師マサ東村山の整体師マサ at 2009年01月16日 18:07
    ご無沙汰しております。

    あっちゃんのご冥福、心からお祈りいたします。

    きっと、とても良い一生を送り、幸せのうちにあの世に旅立ったのだと思います。

    そしてその一生を、こぐまさんや、ご家族と一緒に過ごすことができて、喜んでいたんだと思います。

    明日は(今日か)若旦那さんや、お仲間の皆さんと、楽しく送ってあげてください。
    Posted by kaz at 2009年01月17日 00:22
    おはようございます。しなのコマチです。
    私も約一年前実家で飼っていた15歳の愛犬が旅立ちました。
    私がもらってきちゃったり、拾ってきちゃったりした犬達で
    犬が居ない事はなかったのですが・・・ 何匹見送っても・・・

    あっちゃんはこぐまさんとご家族のみなさまに
    出会えて幸せだったと思います。
    あっちゃんのご冥福を心よりお祈りし申しあげます。
    Posted by ポーラベアポーラベア at 2009年01月17日 09:56
    >東村山の整体師マサさん
    ありがとうございます。
    皆さんから温かい言葉を頂いて、本当に幸せ犬です(^_^)
    Posted by こぐま at 2009年01月17日 12:59
    >kazさん
    ありがとうございます。
    皆さんから日々コメントを頂くたびに、
    たくさんのことを学ばせて頂いている気がします。
    今日は横浜で思い切り遊んできまーす!
    Posted by こぐま at 2009年01月17日 13:04
    >ポーラベアしなのコマチさん
    今まで、あっちゃんがいるのが当たり前の生活だったから、
    次に実家に帰ったとき、不思議な感じがするかもしれません。
    もう玄関まで迎えに来てくれることはないんだな〜
    Posted by こぐま at 2009年01月17日 13:07
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    そらにいった妹へ。
      コメント(22)