たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト

こんばんは、こぐまです。

日野で開催されている「ひのアートフェスティバル」に行ってきました。
まさるさんと日野駅で合流して、仲田小そばにある、会場の自然体験広場へ。

ここは、昭和55年まで「蚕糸試験場日野桑園」という農林省の施設跡地で、
施設がつくば市に移転された後も開発を免れ、再生した自然を楽しめる
今では市民の憩いの場になっているそうです。
やっぱり森に入ると涼しいですね〜♪

八王子を中心に、多摩では養蚕、絹織物が盛んで、
特に幕末の開港から昭和にかけて、横浜を経由して海外へ輸出されていたので、
日野にこういった施設があったことも、忘れてはいけない故郷の歴史ですよね。

実は、先日亡くなってしまった僕の祖母も、若い頃は絹織物を作っていたそうです。
日本史の教科書に出てきた、家内工業~マニュファクチュアの転換期だったのでしょうか。
今は立て替えてしまいましたが、母の実家(つまり祖母の家)には倉庫兼作業場のような建物があって、
そこには織機があったのが幼い頃の記憶として、うっすらとですが残っています。
(ちなみに、この建物は幼い僕や兄、従妹にとっては格好のかくれんぼの場でした…笑)

ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト

話を、ひのアートフェスティバルに戻して…、
会場内では、アート展示、ライブ、フード販売などが行われて賑やかでしたが、
僕の一番の目的は、知人の建築士さんが関わっている
仲田の森遺産発見プロジェクト」。

森の中に残された施設の廃墟群をキャンドルでライトアップ。
かつて、この地にあった蚕室を温かい光で蘇らすというもの。

夜の森は真っ暗。
その中ではキャンドルの小さな光のイルミネーションも、この通り。

ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト

ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト

廃墟っていうと、薄暗い、古い、怖いっていうイメージでとらえがちですが、
そうか、光で蘇らせるってこういうことだったんだ!

ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト

火が消えないように、そして倒れてしまわないように動き回っていた、
今回の企画の代表でもあるTOWNFACTORY酒井さん(日野出身)、お疲れ様でした!
ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト
キャンドルを手に乾杯のポーズ(笑)
ありがとうございました!


・TOWNFACTORYホームページ
・TOWNFACTORYのブログ


  • 今日の順位は?↓
    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩地区情報へ
    にほんブログ村

    ⇒多摩の地域ポータル「たまりば」編集長こぐまのお仕事ブログ「地域とWEBを、コツコツと。」はこちら

    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布・府中など、東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
     あなたへのお薦め記事

    同じカテゴリー(イベント/多摩)の記事

     
    この記事へのコメント
    お疲れ様でした^^
    Posted by まさる at 2009年08月23日 13:27
    >まさるさん
    昨日は付き添い(?)、ありがとうございました!
    酒井さんも喜んでました♪
    Posted by こぐま at 2009年08月23日 13:34
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ひのアートフェスティバル&仲田の森遺産発見プロジェクト
      コメント(2)