たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  八王子市 八王子市

THIS IS IT〜マイケル・ジャクソンが遺してくれたもの

こんばんワイン、こぐまです。

【吉ろぐ】に書いた通り、マイケルジャクソンの「This is it」を観てきました。

洋楽はめっきり弱い僕ですが、さすがにマイケルは知ってました。
でも、彼はスターであり、作り上げられた虚像なのでは?
なんていう、うがった見方をしてました(報道でしか彼を知らなかったので)。

違った…彼はスターとか、キングオブポップなんて言葉じゃ表現し切れない…。

エンターテイナーとしての実力がずば抜けてるのはもちろんだけど、
「地球を守る」という思いもずば抜けてるんだと思う。
そして、自分が圧倒的な人気を誇るスターであることに甘んじるのではなく、
自身を「地球を守る」っていう目的達成のためのシンボルとして捧げようとしてた。

どうしてこんな偉大な人が、若くして…。
彼の魂は、残された人間たちが受け継いでかなきゃいけないって、
改めて強く思わされました。

頑張って生きようとしてくれている、この地球。
僕にできんのは、山や森や川を守ろうって言い続けること。
そして地球の尊さを思い出して、生態系を守る大切さを思い出して、
「大丈夫であるように」って願い続け、行動し続けること。
とても、誰かひとりが頑張ってどうにかなる問題じゃなくて、
旗振り役になるカリスマが必要…それがマイケルだったんだなぁ。

THIS IS IT
いろんな意味がある言葉のようですけど、
「いよいよだ!」とか、「これで最後だ!」という捉えられ方が一般的なのかな?
「いよいよ」行動しないと、「これで最後だ!」というメッセージだったのかなぁ。。
このままでは、本当に地球が危ない。
本気で動こう!みんなも立ち上がってくれ!
映画を観終わった後、そんな思いを感じてなりませんでした。


  • 今日の順位は?↓
    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩地区情報へ こぐまの多摩あるき武蔵野あるき - にほんブログ村

    ⇒多摩の地域ポータル「たまりば」編集長こぐまのお仕事ブログ「地域とWEBを、コツコツと。」はこちら

    たまりば 多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」
    八王子・立川・三鷹・武蔵野・調布・府中など、東京都多摩地域のみんなの情報発信プラットフォームです。
     あなたへのお薦め記事

    同じカテゴリー(言葉)の記事

     
    この記事へのコメント
    でしょ!でしょ!
    この映画はいろんこと考えさせられますよね~

    マイケルは自分の役目、使命をわかっていたんですね
    だからお客様に喜んでいただくことに
    徹底的にこだわる!
    しかもスタッフに気をつかいながらw(°□°)w

    すごい人です。。。
    オーディションをうけたダンサーが
    なぜあんなに感激していたのか
    最後に納得した映画でした

    あっ!今年もよろしくお願いします。
    Posted by マダム☆アヤトナマダム☆アヤトナ at 2010年01月10日 15:41
    こんばんは

    彼のメロディーは大好きでした

    でもやっぱし1人の人間

    そんなホロッとくるとこもいいなぁなんて感じてたりも

    映画チェックしてみます
    Posted by takayuki at 2010年01月11日 00:21
    おはよう♪

    マイケル・ジャクソンのいちファンとしては・・・・
    実は逆説的かもしれないけど、この「this is it」観ないと思います。

    全盛期の頃を知っているから・・・・・
    その印象が強すぎて、いや、むしろその印象を壊したくないのかも
    しれません。

    いずれにしても、マイケル・ジャクソンは、クマちゃんご存知のように
    洋楽大好きな僕にとって、ものすごく大きな存在でした。

    10歳で初めて聴き、13歳で初めてライブがマイケルの初来日
    コンサートだった僕にとって・・・・・
    ♪human nature♪や♪man in the mirror♪
    ♪I just can't stop loving you♪、あるいは♪rock with you♪
    そして♪we are the world♪それこそ、レコードであれば
    溝が擦り切れるぐらい聴きこんだことか・・・・

    そして、歌詞やメッセージから人に対しての思いやりや、
    やさしさを感じ、学べたようなそんな気がしてなりません。

    きっと僕が死ぬまで、マイケル・ジャクソンは僕の中で
    生き続けるのだろう・・・と。僕のバイブルです、ハイ。。
    (長文になり、ごめんね)
    Posted by 初代若旦那 at 2010年01月11日 08:42
    >マダム☆アヤトナさん
    この細部に渡る徹底的なこだわりは、どこから来るんだろ…?
    その理由は終盤で語られていた、あのメッセージに込められてたんですね。
    ミュージシャンであろうと、そうでなかろうと尊敬すべき人物だと思いました。
    Posted by こぐま at 2010年01月11日 13:57
    >takayukiさん
    ぜひ、ご覧になってみて下さい。
    確か、立川でもアンコール上映やってるはずです。
    ただ期間が短いと思うので、事前にチェックして下さいね〜
    Posted by こぐま at 2010年01月11日 14:02
    >初代若旦那さん
    僕の場合は、マイケルのことをあまり知らなかったので、
    彼の偉大さを理解するために影響の大きな作品でした。
    既にマイケルのコアなファンである若には、観ないのも正解かもしれませんね。
    Posted by こぐま at 2010年01月11日 14:05
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    THIS IS IT〜マイケル・ジャクソンが遺してくれたもの
      コメント(6)